材料タイトル

セラビューレの紹介

セラビューレとは、最新の塗装用塗料のことです。詳しくは「自己架橋形特殊変性シリコン樹脂系単層弾性仕上塗材」といいます。

自己架橋形特殊変性シリコン樹脂系単層弾性仕上塗材を使用して作業を行なっております。


セラビューレの説明図:1:画像


セラビューレの説明図:2:画像



弊社(第一リフォーム沖縄)で使用する資材の特性をご紹介いたします。

高耐候性

自己架橋形特殊変性シリコン樹脂の持つシロキサン結合が耐候性を大幅に向上させました。紫外線及び酸性雨に優れた抵抗性を示します。


特性の説明図:1:画像


低汚染性

自己架橋によって形成される、親水機能及びち密な塗膜は、汚染物質の洗浄効果があり、汚れを防止します。


特性の説明図:2:画像


防藻性・防かび性

高度なバイオ技術により、藻、かび等微生物の発生を抑制します。


特性の説明図:3:画像


防水性・透湿性


特性の説明図:4:画像


その他

オール水系の安全性・トップコート工期の工期短縮・ライフサイクルコストでの経済性



水性ウレタン・シリコンの紹介

水性ウレタン

低VOC・水性反応硬化形アクリルウレタン樹脂塗料

水性シリコン

低VOC・水性反応硬化形アクリルシリコン樹脂塗料
屋内用塗料における有害化学物質への法規制強化および健康・環境への配慮などがおすすめ中!
鉄部塗装、外部塗装においても、従来の溶剤系塗料に代わり、水系塗料へと移っています。
高耐候性のウレタンおよびアクリルシリコンの反応硬化形樹脂をベースに、さらに低VOC化を図り、多用途に使用できる新品質の塗料を
使用しております。水性で、最高の塗膜性能を極めた、次世代の環境対応形ユニバーサルペイントです。


ウレタン・シリコン説明図:1:画像


低VOC低臭日本塗料工業会の「健康リスクに対する目標基準」のTVOC(全揮発性有機化合物)1%未満で、
極めて低臭化設計です。
下地適応性外壁・鉄部・木部などと幅広く使用できます。旧塗膜が合成樹脂調合ペイント、フタル酸エナメル、
アクリル樹脂エナメルなどの場合、直接塗装可能です。
仕上り感高トマリで、きめの細かい滑らかな肌と高光沢が得られます。タックフリーで可とう性に優れております。
防藻性・防かび性微生物(藻・かびなど)の繁殖を防ぎ美観を保ちます。
低汚染性・透湿性塗膜の親水機能は、汚染物質を洗い流す効果がありますので、汚れを低減します。透湿性があり、結露を防ぎます。
高耐候性コアシェル機構による反応硬化樹脂の塗膜は強じんで、高耐候性を発揮します。
F・・・シックハウス症候群の原因とされる有害な物質(ホルムアルデヒド、環境ホルモンなど)を一切含んでおりません。

ウレタン・シリコン説明図:2:画像

性能データ

試験項目試験方法水性ウレタン水性シリコン
光沢60度鏡面光沢度8483
鉛筆硬度7日間乾燥後2828
付着性碁盤目試験(1mm方眼)25/2525/25
耐水性水道水 7日間異常なし異常なし
耐酸度5%塩酸 7日間異常なし異常なし
耐アルカリ性飽和石灰水 7日間浸漬異常なし異常なし
可塑剤移行防止性シーリング材の可塑剤移行による
粘着性
防藻・防かび性JIS Z2911準拠合格合格
ホルムアルデヒド放散等級デシケータ法F・・・F・・・
VOC含有量(%)ガスクロマトグラフ1%未満1%未満
環境ホルモン含有の有無含有せず含有せず

ウレタン・シリコン説明図:3:画像



光触媒コーティング材「フレッセラP」の紹介

弊社(第一リフォーム沖縄)で使用しております塗装材料をご紹介します。(無機系・光触媒コーティング材)

光触媒コーディング:フレッセラ:画像

「光触媒」とは光を吸収して、他の物質に化学反応を引き起こす働きをする物質のことです。
「分解力」と「超親水性」という性能があり、この作用によりフレッセラPのセルフクリーニング機能が生まれました。
光触媒コーティングは、塗装後は劣化するだけの従来塗料とは考え方がまったく異なり、塗った後からセルフクリーニング機能を
発揮するコーティング材です。


フレッセラ説明図:1:画像

フレッセラ説明図:2:画像

光触媒技術説明図:画像 様々な有機物を分解、汚れや黒ずみの原因となる
油分汚れなどを分解します。
[条件]●汚れ:メチレンブルー(塗料)
●紫外線ランプには殺菌灯を使用。
分解力説明図:画像
水が汚れの下に入り込み、浮き上がることによって、
汚れが流れ落ちます。
超親水性説明図:画像

フレッセラ効果説明文:画像

フレッセラ説明図:3:画像



特徴1:外観が綺麗に仕上がります。

光触媒作用により、油分などの有機物の汚れを「分解」し付着力を弱め、さらに超親水性により、水が汚れの下に入り込み、
浮き上がらせることで、雨で自然に汚れが「流れ落ちる」というメカニズムを実現しました。ビル壁面を初めとする建造物、
看板などの外観を長期間美しく保ちます。

特徴説明図:1:画像

光触媒のセルフクリーニング機能により、汚れは紫外線を受けて化学的に分解され、雨水により自然に洗い流されます。
そのため従来のコーティング材では効果の低かった建物の壁面を初めとする建造物の外観を長期間美しく保ち、汚れを防ぎます。


特徴説明図:2:画像


特徴説明図:3:画像



特徴2:ナノプロテクトだから光触媒効果が長持ち。


何年経っても“キレイ”を持続

特徴説明図:4:画像


ナノプロテクト技術を駆使した独自の無機系コーティング材を有機塗装面にコーティングすることで、ガード層を形成します。
この無機系ガード層が光触媒の浸食から有機塗装面を保護するため、3年経っても施工時と変わらぬ美しさを保ちます。


特徴説明図:5:画像


従来難しかった有機物、例えば一般塗装や樹脂等の表面にも無機コーティング技術により、光触媒コーティングを実現しました。
しかも、高耐久性と持続性に優れ、長期にわたって光触媒効果を発揮します。


有機塗装面を浸食しないメカニズム

特徴説明図:6:画像


特徴3:塗り直し・メンテナンス回数が減るから長期にわたってコスト削減

風雨や紫外線に強く、参加しにくいという優れた性能に加え、光触媒作用により、汚染物質を分解・付着力を弱め、
雨水で自然に流れ落とすというメカニズムで、15年に一回の塗り替えで十分という驚くほどの省メンテ・低コストを実現しました。


特徴説明図:7:画像


今まで難しかったコンクリートや金属パネルにもコーティングが出来ます。


特徴説明図:8:画像


特徴説明図:9:画像

<PageTop